【1】 1年を振り返って
null

 いわゆる漢検を運用している、(財)日本漢字能力検定協会が、全国公募で選んだ
2009年「今年の漢字」は「新」
だったそうである。確かに、いろいろ新しくなった年である。

 今年もそろそろ終わりである。自分自身で1年を振り返ってみた。昨年2008年【12月23日】 今年の一文字同様、今年の一文字を考えてみた。去年末の予想では”始”であったが、考え直してみたが、まぁこれでもOKかと思っている。

 今年でもまだまだ基礎を作っている感じがする。立ち上げは大変と言うことだろうか。

 自分自身も頑張ったと思うが、今年の業務は決して一人の頑張りでは出来ない規模になっていた。スタッフに心から感謝をしたい。ありがとう。

【2】 来年1年への思い
 今の流れを考えると、来年は次の通り予想をしている。



 始まったばっかりだが、その次に行かなければならない。

 次のステージに向かう1年となることを約束する時期だと思う。お世話になった人に恩返しが出来るよう、次のステージクリアを来年は目指したい。


 今年も本当にお世話になりました。来年も何卒よろしくお願い申し上げます。




★ 「理学博士達で創るIT会社」株式会社アイズファクトリー。

「【情報】を集め、【知識】を駆使して、【知恵】として提供する」
データマイニング技術ソリューション会社です。


◎●○【著者プロフィール】 大場智康(理学博士) ○●◎

★ 人気ブログランキング ← クリックで応援お願いします。 


 ◆◆ 体調管理 ◆◆

【歩数平均】  計測時の条件 (情報UPに多少時間がかかる場合があります。)
【過去歩数】 6,483 (2007年)、6,689(2008年) 過去の平均歩数推移
【2009年 1月-11月】 6,729、5,437、7,003、8,463、6,949、7,594、6,396、5,410、6,963、6,473、7,393
【2009年 12月】 7,010
【血圧、脈拍数】 計測機器と方法   121−76、65 【1月6日】
【エアロバイク】 実物はこちら  【サプリ】 飲んでいるもの

 ◆◆ 目次 ◆◆   目次の使い方
↓読みたいものを押すと、詳細目次のあるコンテンツに移動します。
【過去目次】 2007年以前 2008年

◆ 【大場社長への10の質問】 ◆
◆ 【アイズファクトリーが”知の工場”になるまで】 ◆
◆ 【データマイニング最強競馬予想】 ◆
◆ 【エニアグラム的経営論】 ◆

◆ 【人生のイベント、ブログでの出来事】 ◆
【1月3日】 祖父母に会いに行く
【1月4日】 去年の散歩の反省
【2月1日】 AI囲碁と対戦
【2月8日】 Rockville, MARYLANDに家を購入
【2月11日】 合宿
【2月13日】 西小山
【2月15日】 パソコンの無い1日
【2月17日】 新パソコン
【3月7日】 3回目の護摩
【3月8日】 作業リストをこなす
【3月17日】 新しいメガネ
【3月30日】 過去のハードディスク
【4月2日】 熱海市長に会う
【5月17日】 ニールスボーア研究所
【6月28日】 心に残る名言
【7月2日】 公開ダイエット開始!
【8月6日】 ダイエット1ヶ月目計測結果
【8月30日】 一周忌
【9月4日】 ダイエット2ヶ月目計測結果
【9月15日】 友人のサイト
【10月1日】 ダイエット3ヶ月目計測結果
【10月7日】 第5代目 歩数計
【10月11日】 いろいろな写真
【10月19日】 新サプリ
【10月25日】 スタッフの結婚式
【11月1日】 養父の言葉
【11月7日】 ダイエット4ヶ月目計測結果
【11月17日】 早起き
【12月4日】 ダイエット5ヶ月目計測結果
【12月13日】 知り合いの社長の結婚式
【12月27日】 ダイエット最終結果
【12月30日】 今年の一字


◎●○ 【著者プロフィール】 大場智康(理学博士) ○●◎

★ 人気ブログランキング ← クリックで応援お願いします。励みになります。 


 ◆◆ その他 ◆◆    相互リンク大募集!

(1)相互リンク
 一度クリアしました。相互リンク募集です。突然変更するかも知れませんが、掲載希望の方はこちらへ↓ご連絡下さい。
infoisfactory.co.jp
出来る限り要望に答えさせて頂きます。

(2)トラックバック、コメント
 トラックバックも、コメントも、Welcomeです。不適切なものは、独断で削除させて頂くかもしれません。お返事も返せないかもしれません。ごめんなさい。投稿はドンドンお待ちしております。

(3)ロゴ等
 当然に本ブログで利用しているロゴ、一部写真は、各社各人の持ち物です。

(4)本ブログ内容
 本ブログは、作者が感じたことをつらつら書いているものです。出来る限り正しく読めるよう書いていますが、時には誤解を与えてしまうかもしれません。ご了承頂き、引き続きご愛読頂けたら幸いです。
この記事についてつぶやく